利用規約

1. はじめに
1.1. この利用規約(以下「本規約」)は、先端IT活用推進コンソーシアム(aitc.jp)事務局(以下「本運営主体」)が運営するソーシャルネットワークおよびブログ システム「AITC SNS」で提供するすべてのサービス(以下「本サービス」)における利用条件を定めるものです。 本サービスを利用している方は本規約に同意しているとみなされます。
1.2. 本サービスが提供する、具体的な案内などに記述された利用上の決まりは、そこに明示していなくても本規約の一部として扱われます。 本規約は事前の通知なく変更することがあります。規約変更後に利用した方は、規約変更に同意したとみなされます。

2. 利用者について
2.1. 利用者は、先端IT活用推進コンソーシアム会員企業の社員、および先端IT活用推進コンソーシアム理事会が承認した共同で活動する者とします。会員とは、ユーザ情報を登録している方のことで、本規約を承認し、先端IT活用推進コンソーシアム事務局の定める方法に従って正しく申し込みをした方のことです。非会員とは、ユーザ情報を登録していなくても、本サービスおよび本サービスで得た情報を、直接的もしくは間接的に利用するすべての方のことです。
2.2. 本サービスに情報を登録した人を登録者と呼びます。登録者は主に会員ですが、非会員が登録する情報も存在します。

3. 個人情報について
3.1. 個人情報は、本サービス自体の提供、コンテンツの最適化、利用者へのサービス向上するために利用されます。
3.2. 個人情報は、本サービスの状況を電子メール等の手段で会員に連絡する際に使用します。
3.3. 個人情報は、会員の間だけ保持され、会員でなくなった時点で削除されます。
3.4. 本人の同意なく、本運営主体および機密保持契約を結んだ協力企業以外に利用者の個人情報を開示することはありません。ただし、以下の場合には個人情報を開示することがあります。
・本コンソーシアムの運用が変更され、サービスの継続のために個人情報を移管する必要がある場合
・本サービスの運営主体が、その他の合法的な目的のために、合理的理由に基づき開示することが適切な場合
・裁判所や警察等の公的機関から、法律に基づく正式な照会を受けた場合
3.5. 本サービスの個人情報保護については先端IT活用推進コンソーシアムの「実施細則」に準じます。

4. 著作権について
4.1. 本サービスの利用者が登録した情報や画像の著作権は、登録者にあります。

5. 利用者の禁止行為について
5.1. 本サービスにおいて利用者は次の事項をしてはいけません。
・登録者自身も含む特定個人に、連絡を取ることができる情報を公開すること
・会員の資格を譲渡・貸与すること
・虚偽または誤解を招くような内容を含む情報や会員情報等を、登録すること
・法令または公序良俗に違反する行為をすること
・未成年の人格形成等に悪影響を与えるような行為をすること
・犯罪行為をすること、またはこれに関与する行為をすること
・本サービスから個人情報を収集したり蓄積したりすること、またはこれらの行為をしようとすること
・著作権や使用権などの、必要な知的所有権を持たない文章・画像等の情報を登録することによって、他人の産業財産権(特許権、商標権等)、著作権、企業秘密等の知的財産権を侵害する行為をすること
・他人の信用もしくは名誉を侵害し、または他人のプライバシー権、肖像権その他一切の権利を侵害する行為をすること
・本サービスの運営・提供または他の利用者による本サービスの利用を妨害し、またはそれらに支障をきたす行為をすること
・その他、本運営主体が合理的な理由に基づき不適切と判断する行為をすること

6. 利用者の負担・責任について
6.1. 禁止行為を行った利用者が登録した情報は、会員情報も含めて本運営主体が削除します。これに起因または関連したすべての費用は利用者の負担になります。
6.2. 利用者が本サービスに登録した情報によって、第三者の権利侵害に起因または関連して生じたすべてのクレームや請求については、利用者の費用と責任で解決してください。また、当該クレームや請求への対応に関連して本運営主体に費用が発生した場合は、利用者が当該費用および弁護士費用等を負担してください。

7. 利用者への免責事項について
7.1. 本運営主体は、会員、非会員の両利用者に対して、つぎの免責事項を持ちます。
本サービスを受けるためにかかる接続費用などは利用者の負担になります。
本サービスに登録した情報の正確性および完全性は登録者に依存し、本運営主体では一切の責任を負いません。このため、利用者および第三者に損害が発生しても本運営主体は一切の責任を負いません。
利用者が登録した情報の使用権を得る場合など、本運営主体は関与しません。
本サービスの内容変更や停止または中止に関して、本運営主体は利用者に対して一切の責任を負いません。
本サービス、不正アクセスや不正な改変がなされた場合も含め、利用者はサービスを利用したこと、または利用ができなかったことによって、生じた一切の損害について一切の賠償責任を負いません。
利用者間の紛争は自己の責任で解決し、本運営主体または第三者が損害を被った場合は、当該利用者がこれを賠償します。
本運営主体は、本サービスに登録した個人情報、登録情報などのデータを永久に保存する義務を持ちません。データの保管は個人の責任において行うこととします。
利用者が登録した電子メールアドレスに対して本運営主体が発信する電子メールが到達せず、かつ、3ヶ月にわたって本サービスにサインインしていない場合、本運営主体は、当該個人情報、登録情報などのデータを使用不可または削除できるものとします。この場合、本運営主体は、当該個人情報、登録情報などの使用不可または削除による本サービスの提供中止に関し、利用者および第三者に対して一切責任を負わないものとします。

8. 準拠法および管轄
8.1. 本規約の準拠法は日本法です。専属的合意管轄裁判所は東京地方裁判所とします。

制定: 2010年11月26日